一般社団法人 電解水透析研究会
 
ホーム 組織概要 研究内容 問い合せ
一般社団法人 電解水透析研究会
 
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2018/01/11
電解水透析5年間の前向き観察調査の最終解析結果がScientific reports誌に掲載されました。

Masaaki Nakayama, Noritomo Itami, Hodaka Suzuki, Hiromi Hamada, Ryo Yamamoto, Kazumasa Tsunoda, Naoyuki Osaka, Hirofumi Nakano, Yukio Maruyama, Shigeru Kabayama, Ryoichi Nakazawa, Mariko Miyazaki, Sadayoshi Ito (2018)
Novel hemodialysis (HD) treatment employing molecular hydrogen (H2)-enriched dialysis solution improves prognosis of chronic dialysis patients: A prospective observational study.
Scientific Reports 8, Article number: 254 (2018)
(タイトル訳:分子状水素(H2)溶存血液透析液を使った新しい血液透析療法は、慢性血液透析患者の予後を改善する:前向き観察研究)
▼オープンアクセス論文のため下記よりご覧いただけます(英語サイト)
http://www.nature.com/articles/s41598-017-18537-x

内容は、7施設の透析患者309名(161名が電解水透析、148名が通常透析)を対象とし、5年間連続して治療と並行して前向き観察調査を行い、患者の身体所見および各種臨床検査、服薬歴、患者の自覚症状に関するアンケートなどのデータを集め、比較解析したものです。
結果は、電解水透析治療を行うことで、死亡および心脳血管病(うっ血性心不全、虚血性心疾患、脳卒中、虚血による下肢切断等)の発症リスクが、通常透析と比べ41%抑制されたことを確認しました。昨年9月に米国科学誌PLOS ONEで論文発表した中間報告(*)では、重度な透析疲労やかゆみ症状の抑制が、そしてこの度の論文では、透析後の高血圧の改善、必要な1日当たりの降圧薬の投与量の減量、死亡率・重篤な合併症の抑制が示唆されました。今後ますます電解水透析の透析患者の積極的な社会復帰、そして医療費抑制への貢献が期待されます。
*米国科学誌 PLOS ONE 12(9): e0184535 (2017)

尚、この論文発表は、東北大学ならびに日本トリムよりプレスリリースされております。
東北大学:https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2018/01/press20180109-02.html
日本トリム:http://www.nihon-trim.co.jp/dl/news/180111newsrelease.pdf
 
戻る
Copyright (C) 2011 Association of EW-HD Study Group